「親愛なる君へ」柴田淳(2008年)

私が今日紹介するCDは、柴田淳さんの「親愛なる君へ」です。柴田淳さんというと、昼ドラで主題歌になった紅蓮の月や声に魅了される月光浴などが思いだされるかもしれません。 柴田淳さんの作る曲には、そのほとんどに実在する男女の人間関係が題材になっていると本人が語っていた通り、歌詞の端々に感じられる気がします。 特に、当CDの6曲目の「君へ」は、主人公が余命幾ばくもな... Next