すべては君のせいで

今日紹介するのは、Base Ball Bearのアルバム『光源』に収録されている、「すべては君のせいで」です。
Base Ball Bearの永遠のテーマである「青春」は、その楽曲の中で多角的に捉えられてきましたが、そんな青春を彷彿させるキラキラとしたサウンド、キャッチーなメロディが一際目立つ一曲です。
Vo&Gt小出さんのギターのカッティングがリズミカルで、とてもかっこいいです。
また、音作りだけではなく注目してほしいポイントが歌詞にもあります。
Base Ball Bearの曲の歌詞は一曲がまるごと短編小説のように起承転結が意識されています。
そんな中でも「すべては君のせいで」はサビ中に、”すべては君のせいで ああ、こころが#していきます”など好きな人のために心が半音上がる(#)、つまり気持ちが嬉しくなったり高揚することを表すなど小出さん特有の「言葉遊び」が魅力的です。
その歌詞や音から、まるでその情景が色濃く思い浮かぶようで、曲を聴き終わったあとの満たされた感覚は何にも変えられません。
ミュージックビデオもBaseBall Bearの他の楽曲で数々登場している本田翼さんが曲とリンクしたストーリーの中登場されています。