春の別れを描く「HARUKAZE」

「HARUKAZE」は、SCANDALの楽曲です。

何がキッカケで知ったのかは忘れましたが、いつの間にか耳に残っており、好きになりました。

女の子4人の、アップテンポで、前向きなメッセージの込められた曲です。

歌の中に描かれているのは、別れの季節を乗り越えていこうとする、誰かの姿。

「舞い落ちる花びらヒラヒラ ココロの隙間すり抜けてく 素直になんなきゃ」

という、サビの部分が、特に好きです。

「誰も強くなんてないんだよ 僕だってそう」

この部分、4人の声が重なるハーモニーが、特に強く、何かを訴えているよう。

今まで君と一緒に歩いていた、並木道。でも、これからは一人で歩いていかなきゃ。

泣かなくても大丈夫だよ、また会えるから……。

そう、あえて笑顔で誰かに言っているような、そんな情景が浮かびます。

春は、分かれと出逢いの季節。友人との別れに直面した女の子の心の揺れと、それを乗り越えようとする、強い決意。

タイトルにあるように、春風に悲しみと不安を乗せて吹き飛ばし、また新たな出会いを風が運んでくる……。

大きな不安の中の、小さな希望と、未来への期待。なんとなく、学生時代を思い出すような、そんな曲だと思います。

「まるで正反対の二人」「ホントは少し真似し合ってた」

ここで別れる相手は、恐らく異性ではなく、同性の友人。

「ごめん もう先に行くよ」

「春風に夢と願いを乗せ歩き出す」

きっとこんな春はまた来る、でもその度に、ちゃんと乗り越えていける。

そんな初々しさと、強さを感じる楽曲です。