桑田佳祐さん「ヨシ子さん」

今日は桑田佳祐さんが2016年6月にリリースした「ヨシ子さん」について紹介します。9曲が収録されており、かなりの豪華版と言えます。

タイトルにもなっている「ヨシ子さん」は最初タイトルを聞いたときに大きく驚かされました。なんだか猥雑さを感じさせる曲で、ノリがいいのが特徴です。「最近はエロが足んねぇ」というのは桑田さんらしい歌詞だと感じました。『ミュージックステーション』で初登場した後、その後テレビ番組で出ずっぱりの「白無垢パンダ」のヨシ子さんはすごくインパクトがありました。サザンや桑田さんのライブでダンサーを務めている佐藤郁実さんが演じているのですが、タモリさんはも結構お気に入りのようです。

「大河の一滴」はUCCのコーヒーのCMソングです。テレビCMの印象も含め、とにかくかっこいい曲といえます。かつての恋愛の思い出とともに、今という時代にも思いを馳せているところが聴きどころです。テレビ用のEdit Versionも含まれているところがお得といえます。

「愛のプレリュード」は桑田さんお得意の失恋ソングで、ハワイでロケが行われたJTBのCMソングです。南国感あふれる曲調と、せつない歌詞がマッチしています。

「百万本の赤い薔薇」はフジテレビの情報番組『ユアタイム』のテーマソングで、時代の闇に思いを馳せる歌詞が桑田さんらしいところです。

「東京」は2002年の曲をWOWWOWの音楽番組でビッグバンドによって演奏されたのが収録されており、臨場感あふれています。

「風の詩を聴かせて」「明日へのマーチ」「明日晴れるかな」は、2016年5月に、「おながわ災害FM」の放送休止を受けて現地で開かれたライブ音源を収録したもので、当時ラジオの前で感じた驚きと、感動がよみがえってくるようでした。

多彩な桑田さんワールドが感じられる1枚です。